• HOME>
  • 都市ガスの基礎知識

都市ガスの基礎知識

都市ガスの基礎知識

ガスの種類は大きく分けるとプロパン(LP)ガスと都市ガスの2つです。
一般に、LPガスは空気より重い性質があります。都市ガスはガス供給会社により、その成分・発熱量・燃焼速度が異なります。

弊社の都市ガス(天然ガス 13A)は、空気より軽いので屋内でガス漏れをすると天井付近に溜まります。
また漏れた場合に速やかに知覚できるよう付臭を行っており、一酸化炭素などの有害な成分が含まれていないため、そのままではガスを吸っても一酸化炭素中毒にはなりません。しかし、ガス機器使用中に燃焼用の空気が不足したり、弊社のガスの種類とガス機器が適合していないなどの場合には一酸化炭素中毒を起こすことがあります。

ガス器具も使用できるガスの種類が決められており、器具にはガスの種類を明記したラベルを貼り付けてあります。使用器具を間違えると大変危険ですのでよく確認して使用しましょう。

ガス器具の表示

ガス器具の表示

ガス器具のガスの種類は、器具に貼付されているステッカー等をご確認下さい。
(例)図は都市ガス13Aの場合

環境にやさしいクリーンエネルギー 天然ガスについて

環境にやさしいクリーンエネルギー 天然ガスについて

鳥栖ガスが供給しているガスは、都市ガスの種類としては一般的に13Aと呼ばれるガスです。
天然ガスは、世界各地に広く埋蔵されており、埋蔵量も多く、可採年数も石油より長期です。ガス産出国との長期契約により安定供給が可能といった特長があります。また、メタンを主成分としたクリーンなエネルギーで、大気汚染の原因となる窒素化合物(NOx)の排出量が少なく、酸性雨の原因となる硫黄酸化物(SOx)の発生はありません。

地球温暖化の原因となる(二酸化炭素)の発生量が、石油や石炭に比べ30~40%も少なく、環境保全に大きく貢献できるエネルギーです。

エコステーション

天然ガス自動車への燃料等供給を、事業として行うための天然ガス供給施設を天然ガスエコ・ステーションと呼びます。クリーンエネルギー自動車を普及させるためには、インフラ基盤としてその燃料等を供給する施設が不可欠です。この基盤を整備するためにわが国では様々な活動が行われていますが、その中核として期待されているのが「エコ・ステーション事業」です。

天然ガススタンド鳥栖エコ・ステーション  エコステーションMap

(天然ガススタンド 鳥栖エコ・ステーション)
営業時間:平・土/7:30~20:30(日・年始[元旦・2日]休業)

天然ガス自動車とは

天然ガス自動車は天然ガスを燃料とする自動車で、代替エネルギー車(非石油燃料車)として、また、低公害車として世界で普及が進んでいます。黒煙の排出や排気臭がないことや、静かなエンジン音が評価され、特に街中を走るバスやトラックでの採用が進んでいます。

トップページ

Copyright(C) TOSU Gas Corporation, All Rights Reserved.